NEWS

ルカワインのある街から<7月編>

三島市内に点々と店を構えるうなぎ店は、週末になると県内外からの観光客でにぎわいます。気分を盛り上げるような香ばしい煙のにおいと、暑い日差しの中で順番を待つ人々の列。
「うなぎ」のある風景は、三島の風物詩です。

富士山からの伏流水を水源とする豊かな水資源に恵まれた三島市。
浜名湖などの産地から三島に運ばれてきた活きうなぎは、1週間ほどえさなしで三島の湧水にさらされます。

この間に、お腹に残ったエサなどが吐き出され、余分な脂肪も落ち、臭みが消えておいしくなるのだそう。
「うなぎの味は水の良し悪し」という言葉もあり、ミネラル豊富な三島の湧水のおかげで、おいしいうなぎを頂くことができます。

三島市内では約80軒の飲食店がうなぎ料理を提供しているそうで、古くは安政3年(1856)創業の老舗もあるほど!

人びとの行列と芳ばしい香りが漂う、
週末の三島の風景です。